gallery YO     5周年を迎えて

 

  【  出会いから__

 

 

30年間の東京での暮らしに終止符をうち、故郷である  ここ鳥栖の両親の元に戻ったのは  14年前の事になります。

 

高齢の両親と暮らす日々が暫く続き、やがて  父を見送り、

少し落ち着いてきた頃、

5年ぶりに  外に目を向け、外へ出始めました。

 

これからの自分の生き方を改めて考え始めた頃です。

 

以前から一度訪れたいと思っていた「ギャルリ百草」を初めて訪ねました。

 

 

そこには

想像どおり  感性が響きあう  心地よい刺激と、

誰しもを  ゆったりと迎え、包み込むような優しい空気と時間が流れていました。

 

安藤雅信さんの陶作品と  明子さんのサロン服など  常設の作品がたくさん並べられていて、

 

あれこれ  ぐるぐる、ぐるぐると隅々まで見て回り、

出会ったお気に入りの品を買い求め、

 

Cafeで美味しいコーヒーとパンを頂いたりと、  45時間も

のんびりと楽しい時を過ごし、満ち足りた思いで百草を後にしました。

 

 

多治見から名古屋までの帰りの電車の中、

つい先程までいた百草の光景が

頭の中でぐるぐると回っていました。

 

幾らか興奮もしていたように思います。

 

「あゝ  私も 何か こういう事をやっていこう。」

 

その電車の中で

 

そう  決めました。

 

 

 

 

それから準備がはじまり、

 

場所探しから、二転 三転しながらも

もう  迷うことも、めげることもなく、一つ一つの夢を手繰り寄せるように  楽しい日々は続き、

3年の準備期間を経て

 

  2016325

 

GALLERY   YO    オープンしました。

 

 

__________________

 

ギャルリ百草「美と暮らし」

  安藤雅信 . 安藤明子 著 

_________________

 

「こころのくつを脱ぐ。」

 

自由に、素直に、美しさと向きあいたい、、、と始まるこの本は、日本独自の美の捉え方、

暮らしの創意工夫を軸に、”美は自分達の暮らしの中にある ”  と綴られています。

 

読み進むうちに、

「暮らしの中の美」とは、

丁寧に育まれた愛なのだと 

気付かされていきます。

 

 

お二人の広くて深いその愛は

静かな輝きとともに、今も

大切に放ち続けられています。

 

 

時々  読みかえす この本は 、

今や 私の中の大切な指針となっています。

 

 

 

 

 無謀とも言える程

何の基盤も 当てもなく、

ヨチヨチ歩きの日々の中、

 

一つ一つ重ねた出会いにより、

 

人と人との縁が少しずつ  繋がり、 確かな円となっているのでは。

 

そう感じる日々です。

 

 

 

そして

 

5周年を迎えたこの春

「安藤雅信  陶展」を開催することになりました。

 

5年前には  想像もしていなかったことです。

 

安藤さんに「頑張ってね。」と  肩をポンと 叩いて頂いているのかもしれません。

 

 

 

全ての出会いと多くの支えに感謝しながら、

何事にも、何物にも寄り添いながら、

 

これからも  小さな喜びを皆様と一緒に育んでいきたい  と 思います。

 

 

 

共に暮らす母は  93歳になりました。

毎日が  笑いと涙の 幸せな日々です。

 

その暮らしと共に

ギャラリーYOの営みを大切に

過ごしていきたい  と思います。

 

 

 

出会った  全ての皆様に

心より感謝いたします。

 

 

 

 

2021 325

GALLERY   YO

乙守容子